<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の実質ナンバーワンである許宗萬(ホ・ジョンマン)責任副議長が、韓国海軍哨戒艦の沈没事件で米韓合同調査団が「北朝鮮による魚雷攻撃が原因」と発表したことについて、「事件と調査結果は米国の承認と庇護(ひご)による捏造(ねつぞう)劇だ」と批判していたことが25日、分かった。北朝鮮の主張と一致しており、総連が北朝鮮と一体であることを裏付けたといえる。

 許氏は23日に都内で開いた第22回全体大会で再任された後、あいさつで哨戒艦沈没に言及した。

 韓国で6月2日に統一地方選を控えていることにからめて許氏は「選挙の惨敗を何としても避けようとした政治的捏造劇だ」と李明博政権を非難。「危機のたびに事件を捏造し、北の仕業という世論を起こそうと歴代南朝鮮の傀儡(かいらい)が使ってきた愚かな常套(じょうとう)手段だ」と語った。

 22、23両日に開かれた全体大会には、来賓として与党では民主の石井一選対委員長、社民の又市征治副党首、国民新の自見庄三郎幹事長の3人が出席。野党も自民の馳浩、公明の高木美智代、共産の笠井亮の各衆院議員が出席していた。6人は許氏の発言時には会場にいなかったという。

 沈没事件をめぐって鳩山由紀夫首相は20日、「韓国を強く支持し、北朝鮮の行動は許し難いもので強く非難する」とのコメントを発表した。

 韓国が国連安全保障理事会に提起すれば、日本も支持する方針だ。

 全体大会は朝鮮総連の最高意思決定機関で3年に1度開催される。前回(平成19年)には国会議員の出席者はいなかったが、前々回(16年)には自民党から甘利明筆頭副幹事長(当時)が出席し、小泉純一郎総裁(首相)のあいさつ文を代読した。

皇太子さま、シンポジウムにご出席 アフリカテーマに国連大学で(産経新聞)
<小沢幹事長>青木氏長男擁立に「厳しくなった」(毎日新聞)
吸血ヤマビル生息拡大、観光客の被害相次ぐ(読売新聞)
傷口に塩…秋葉原殺傷の遺族、弁護側に不快感(読売新聞)
宮崎への種牛提供を検討=首相「できる限り支援」(時事通信)
[PR]
by daarlaz4hm | 2010-05-27 19:02
 うつ病を治療中の患者の7割以上が、回復しない原因を「自分の考え方や性格のため」と考えていることが、病院検索サイトを運営する「QLife(キューライフ)」(本社=東京都世田谷区)の調べで分かった。

 調査は、医療機関に通院または入院してうつ病の治療を受けた患者・元患者を対象に、4月14日から19日にかけてインターネット上で行い、1000人(回復群、未回復群各500人)から回答を得た。 

 現在治療中のうつ病の患者(未回復群500人)に対して、回復しない原因が何だと思うか尋ねたところ(複数回答)、「自分の考え方や性格のため」が72.6%で最も多かった。次いで、「抱えている問題や悩みが深刻なため」が54.2%と、心理的な要因を挙げる人が上位を占めた。一方、「薬の効果が出ないため」や「主治医の処方や治療方針が不完全なため」と、回復しない原因を医療現場に対して感じている人は、それぞれ11.0%、6.4%と少なかった。 

 また、治療後既に回復した元患者(回復群500人)に、うつ病から回復したきっかけが何だったと考えているか尋ねたところ(複数回答)、「時間と共になんとなく回復してきた」が43%で最も多く、次いで「休養で楽になった」の41%。以下は、「薬が効いた」が38%、「抱えている問題や悩みを、違う視点/次元で見るようになった」が34%。「家族や友人との会話」が32%と続いた。 

 回復したきっかけを年齢別に見ると、20歳代から40歳代までは「時間と共になんとなく回復してきた」がそれぞれ51%、46%、40%で、いずれも最多となった。また、20歳代では「家族や友人との会話」も同様に51%だった。50歳代では「主治医や医療者との会話やアドバイス」が42%、60歳代では「薬が効いた」が47%で最も多かった。


【関連記事】
職場のうつ病、「治る希望持たせて」
自殺の原因、「うつ病」が最多
「かかりつけ医、うつ病の診療能力は必要条件」
4割近くが「五月病」の経験ありと認識
一般の精神疾患への「誤解は減ってない」が約4割−看護師意識調査

将棋の加藤九段に野良猫への餌やり禁止命令(読売新聞)
首相、長いわりにはさっぱり分かりません。(産経新聞)
<不同意堕胎容疑>栄養剤と欺き薬品点滴 交際の医師逮捕へ(毎日新聞)
他人のカード情報で紙おむつ購入、中国人6人逮捕(読売新聞)
死刑執行「当分行われない」 廃止議連・亀井氏が発言(J-CASTニュース)
[PR]
by daarlaz4hm | 2010-05-18 23:13
 神奈川県の松沢成文知事は6日の定例記者会見で、米軍普天間飛行場の移設問題をめぐる鳩山由紀夫首相の対応について「全く評価していない。安全保障や基地問題に対する認識の欠如、戦略のなさは、国のトップリーダーとして落第と言わざるを得ない」と批判した。

 首相が4日の沖縄訪問中に「学べば学ぶにつけて、海兵隊のみならず沖縄の米軍が連携して抑止力を維持していると分かった」と述べたことに対し、知事は「安全保障の認識がなかったことを告白したようなもの。怒りすら覚える」と指摘。「県外と言っておきながら沖縄に戻すのは、沖縄県民が怒って当然。重大な公約違反だ」とした。

 松沢知事は、米軍基地などを抱える都道県による渉外関係主要都道県知事連絡協議会会長を務めている。

【関連記事】
首相の「努力目標」発言は詭弁 大島氏が批判
鳩山首相の祖父墓に塗料「批判は私自身が受ける」
鳩山首相、塗料かけられた祖父の墓にお参り 現場を確認
普天間問題で首相 「最低でも県外」は「努力したいという思い」
県内移設の政治責任重い 志位氏がNYで首相批判
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

NHKさいたまが大宮駅東口に移転へ 再開発事業に合わせ(産経新聞)
母の日 青いカーネーション「ムーンダスト」出荷ピーク(毎日新聞)
横粂氏、党執行部に鳩山、小沢氏の辞任を要求へ(スポーツ報知)
百万円不正請求で訪問介護事業所指定取り消し―奈良(医療介護CBニュース)
多感な少女が短歌に託した思いとは… 「ポニーテイル〜15才のみそひともじ」(産経新聞)
[PR]
by daarlaz4hm | 2010-05-11 17:32
←menuへ