<裁判員裁判>強盗致傷の被告供述翻す 難しい判断に 東京(毎日新聞)

 強盗致傷罪に問われた住所不定、無職、久保松幸被告(56)に対する裁判員裁判の公判が9日、東京地裁(大善文男裁判長)であり、実行役として有罪が確定した男が「自分は単独犯」と証言、被告から指示を受けたことを認めた捜査段階や自らの公判での供述を否定した。検察側は取り調べの録画映像を上映して「今日の証言は信用できない」と反論。久保被告は一貫して指示を否認しており、男の供述は被告の有罪を立証するほぼ唯一の証拠で、裁判員は難しい判断を迫られそうだ。

 男は住所不定、無職、大越充宏受刑者(49)。別の裁判員裁判で3月に懲役7年の実刑判決を受け、確定した。捜査段階や自らの公判で「同居する久保被告に強盗を指示された」と供述していたが、この日は「調書には全然違うことが書かれていたが、そう言わないと検事が認めなかった。私一人でやった。自分の裁判では調書があるのでそれに合わせるしかなかった」と証言を翻した。判決は14日に言い渡される予定。

 起訴状によると2人は共謀し09年5月、女性からバッグを奪うなど2件の強盗致傷事件を起こしたとされる。【伊藤直孝】

【関連ニュース】
裁判員裁判:「全国初」有罪確定受刑者に賠償命令
裁判員裁判:殺人罪認めず傷害致死罪 検察側が控訴断念へ
殺人再現実験:捜査員が振り落とされ役 スタントマン断念
裁判員裁判:公判で突然否認の被告に懲役10年 東京地裁
裁判員裁判:「全国初」懲役15年確定へ

<阿久根市>降格人事問題で竹原市長を告発 自治労弁護団(毎日新聞)
防犯カメラの映像、別人だが「似てたから」自分と…(読売新聞)
参院選 7月11日固まる 郵政法案、今国会成立見送りへ(毎日新聞)
口蹄疫 情報いつ公開したら… 早め?確定後? 悩む自治体(産経新聞)
<有楽町線>線路に男性落ち死亡 飯田橋駅(毎日新聞)
[PR]
by daarlaz4hm | 2010-06-15 16:30
←menuへ