三澤慶一

三澤 慶一(みさわ けいいち、1988年6月11日 - )は、長野県出身の元サッカー選手。ポジションはDF。人物・来歴東京学芸大卒で大宮アルディージャ、水戸ホーリーホック等でプレーしたMF北原健二(現地球環境高校サッカー部監督)に次いで長野県南信地域から輩出された2人目のJリーガーで、少年時代からスピードでならした左サイドバック(少年時代はFW)。2007年に、前橋育英高校からJリーグディヴィジョン1ヴィッセル神戸に入団。しかし2年間で公式戦出場ゼロのまま、プロ3年目を迎えた2009年に神戸からJリーグディヴィジョン2ザスパ草津へと移籍。第14節(vsセレッソ大阪)で初の公式戦ベンチ入りを果たしたものの、それ以降はベンチ外が続き、なかなか試合出場のチャンスは巡って来なかった。しかし8月10日に正田醤油スタジアム群馬で行われたJ2第33節(vsファジアーノ岡山)で久々にベンチ入りすると、交代出場での数分間ではあったが遂に公式戦デビューを果たす。しかしその後もベンチ外という状況が続き、9月7日に長野県松本平広域公園総合球技場アルウィンで行われた第38節(vsロアッソ熊本)でも、長野県出身という事もあり初めてMDP(マッチデープログラム)の注目選手として表紙写真で紹介されたにも関わらずこの試合もベンチ外だった。しかしグッズ売り場に用意された彼の背番号24のタオルマフラーはキックオフ30分前までに完売となっており、試合後には長野県の少年サッカー選手達との交流会も行われている。シーズン終盤には監督の意向でFWにコンバートされ、3度目のベンチ入りとなった第45節(vsFC岐阜)そして第46節(vsベガルタ仙台)と、途中出場ながら2試合連続で公式戦に出場(第50節(vs湘南ベルマーレ)でリーグ戦最後のベンチ入りを果たしたが、出場機会は無かった)。シーズン最後の大会である第89回天皇杯全日本サッカー選手権大会でも、2回戦(vsSAGAWA SHIGA FC)で交代出場し、シーズン最終戦となった3回戦(vsFC東京)でもベンチ入りしている。通算でベンチ入り7試合・出場4試合という結果に終わったものの、終盤戦でベンチ入りの機会が増えた事もあって翌年に向け期待を抱かせていた。しかし、この年限りでザスパ草津から戦力外となってしまう。現役続行を目指し、12月に行われたJリーグ合同トライアウト

<つかこうへい氏>肺がんで入院、「飛龍伝」は上演へ(毎日新聞)
<五輪モーグル>上村の出身地で「アイ、アイ」コール(毎日新聞)
【日本人とこころ】岩崎弥太郎と志(下)事業は国家社会への貢献(産経新聞)
特急がトラック衝突、二十数人けが=北海道深川市の踏切(時事通信)
雑記帳 京都・三十三間堂で「通し矢」(毎日新聞)
[PR]
by daarlaz4hm | 2010-03-02 03:14
←menuへ