原爆症東京訴訟、唯一敗訴した男性の上告棄却(読売新聞)

 原爆症の認定申請を却下された被爆者が国を相手取り、却下処分の取り消しなどを求めた原爆症認定集団訴訟(東京訴訟)の上告審で、最高裁第2小法廷(須藤正彦裁判長)は、2審でただ1人、原爆症と認められなかった要石謙次さん(84)の上告を棄却する決定をした。

 決定は19日付。要石さんの敗訴が確定した。

 2審・東京高裁は2009年5月、国から原爆症と認定されなかった原告10人のうち、9人を原爆症と認定し、処分を取り消す判決を言い渡したが、要石さんについては、広島市を訪れたのが原爆投下から12日後の1945年8月18日だったことなどから「被爆の程度は低い」と判断していた。

普天間問題再び迷走 国民新党と社民党が対立(J-CASTニュース)
参院選1次公認、来月1日にも=小沢氏「島根は最重点区」(時事通信)
和室からライター複数=子供2人死亡火災−警視庁(時事通信)
普天間移設に本腰、官房長官が水面下調整(読売新聞)
宮城、福島で震度3(時事通信)
[PR]
by daarlaz4hm | 2010-02-25 11:55
←menuへ